社会福祉法人姫路市社会福祉協議会バナー スキップして本文へ
ホーム > 社協支部の活動 > 山田支部 社協支部活動記録

山田支部 社協支部活動記録

支部の特徴

 山田支部では、平成23年度の公民館改修の間、「ふれあい食事サービス事業」が中断しないよう、町の公民館を活用し継続する工夫をしました。
 また、少子高齢化が進むことで、対象者が増加し、新たなボランティアの協力が必要となってきており、口コミや紹介による、人材発掘にも取り組んでいます。さらに、男性の協力者や参加者を増やすことを目標として活動しています。
支部の概況
人口 2,801人
世帯数 1,069世帯
年少人口 295人
高齢化率 30.7%
単位自治会数 7

支部長のコメント

(平成24年度支部長 石井 弘)
 山田支部は、住民同士の助け合い精神が根付いており、少子高齢化が顕著であるにもかかわらず、元気と笑顔のあふれる町です。ふれあい食事サービス、ふれあいネットワークの活動は、多くのボランティアの協力を得て、安全で安心な住みよい町づくりの一翼を担っていると確信しています。今後も、住民同士の絆を深め、いつまでも住み続けてもらえるよう、理解と協力を得ながら、福祉活動を推進していきたいと思います。
ふれあい食事サービス事業の様子

ふれあい食事サービス事業(平成3年10月開始)

調理方法 自己調理 実施方法 宅配
ボランティア数 36人 実施状況 第1・3水曜
対象者数 42人 H28年度 延食数 666食

ふれあいネットワーク事業(平成5年10月開始)

ボランティア数 38人 H28年度 延訪問回数 1,514回
対象者数 32人

ふれあいサロン事業(平成28年6月開始)

ボランティア数 16人 実施箇所数 3箇所
H28年度実施回数 23回 H28年度 延参加者数 591人

このページの先頭へ

地図画面へ戻る

Copyright© 2003〜2018 Himeji City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.