社会福祉法人姫路市社会福祉協議会バナー スキップして本文へ
ホーム > 社協支部の活動 > 船場支部 社協支部活動記録

船場支部 社協支部活動記録

支部の特徴

 船場支部では、「ふれあい食事サービス事業」を公民館で会食により行っています。食後には、「高齢者の集い事業」や「世代間交流事業」として、皆で歌を歌ったり、幼稚園児、小学生との楽しい時間をつくっています。
 また、「ふれあい食事サービス事業」の研修会を開催し、衛生管理について理解を深めるとともに、ボランティア同士の親睦を深めています。
支部の概況
人口 7,391人
世帯数 3,952世帯
年少人口 778人
高齢化率 28.5%
単位自治会数 38

支部長のコメント

(平成24年度支部長 谷川 光夫)
 船場支部は、年々高齢化が進んでおり、ふれあい食事に力を入れ、食後には皆で話をしたり、親睦を深め楽しんでもらっています。
 また、世代間交流事業では、小学生と高齢者が歌や昔語り、昔遊びを通して楽しい時間を過ごしています。こうした事業を通じ、高齢者の地域生活を支える活動をしています。
 今後、子育て支援事業にも取り組み、安心して子どもを生み、元気に育てられるような環境作りをしていきたいと考えています。
世代間交流事業の様子

ふれあい食事サービス事業(平成2年5月開始)

調理方法 自己調理 実施方法 会食
ボランティア数 23人 実施状況 第2土曜
対象者数 59人 H27年度 延食数 540食

ふれあいネットワーク事業 (昭和60年開始)

ボランティア数 54人 H27年度 延訪問回数 424回
対象者数 13人

支部選択事業事業(平成27年度実績)

実施事業名 実施回数等 延ボランティア数 延対象者数
世代間交流事業 2回 26人 700人
高齢者の集い事業 11回 149人 538人
研修・相談事業 1回 15人 15人

このページの先頭へ

地図画面へ戻る

Copyright© 2003〜2017 Himeji City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.