社会福祉法人姫路市社会福祉協議会バナー スキップして本文へ
ホーム > 社協支部の活動 > 東支部 社協支部活動記録

東支部 社協支部活動記録

支部の特徴

 東支部では、「ふれあい食事サービス事業」において、ボランティアがつくったお弁当を参加者が集まりやすい集会所へ届けて、自治会ごとの会食により、地域住民の交流を図っています。さらに、“ひがし交流センター”を活用して、「子育て支援事業」や「ふれあいサロン事業」にも取り組んでいます。
 また、年1回、置塩支部、古知支部と合同で“鮎がり”を行い交流を図っています。
支部の概況
人口 7,907人
世帯数 3,871世帯
年少人口 764人
高齢化率 34.6%
単位自治会数 25

支部長のコメント

(平成24年度支部長 渡邊 一洋)
 少子高齢化が顕著な“うちまち”。【子育て支援】では、ひがし交流センターでの社協支部活動や子育て支援NPOとの協働での取り組みが、校区内のみならず、市内中部〜東南部の子育て支援活動の情報交流の拠点として広がっています。【高齢者支援】では、“災害時要援護者支援”活動を中心に据え、連合自治会との意識共有を最優先し、老人会の活性化と再構築に取り組み中。“一期一会”の精神と“熟慮断行”で鋭意活動中です。
子育て支援事業の様子

ふれあい食事サービス事業(平成8年4月開始)

調理方法 自己調理 実施方法 配送会食
ボランティア数 35人 実施状況 第1土曜
対象者数 24人 H28年度 延食数 322食

ふれあいネットワーク事業 (平成2年10月開始)

ボランティア数 62人 H28年度 延訪問回数 2,279回
対象者数 61人

ふれあいサロン事業(平成29年7月開始)

ボランティア数 9人 実施箇所数 1箇所
H28年度 実施回数 42回 H28年度 延参加者数 2,169人

支部選択事業事業(平成28年度実績)

実施事業名 実施回数 延べボランティア数 延べ対象者数
世代間交流事業 6回 306人 4,396人
研修・相談事業 1回 1人 58人
支部交流事業 2回 23人 280人

このページの先頭へ

地図画面へ戻る

Copyright© 2003〜2018 Himeji City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.